トップ > 多文化共生最新情報 > 【2021年1月28日UP】がいこくにつながるお子さんのための ”むりょうでんわそうだん”&しんろを考えるためのフローチャート
【2021年1月28日UP】がいこくにつながるお子さんのための ”むりょうでんわそうだん”&しんろを考えるためのフローチャート
みなさん、こんにちは。私たちは、神奈川県の行政書士です。私たちは在留資格の専門家であり、外国につながるお子さんの在留資格&進路を支援するチーム(通称:「子どもビザさぽ」)を作って活動しています。10名のメンバーがいます。

「外国につながる子どもたちが選んだ道が(在留資格が支障となって)できない」ということにならないように、この度、「無料電話相談」のご案内と子どもの「進路選択」を考える時に役立つフローチャートを作成しました。

最近、「家族滞在」の在留資格のお子さんが、日本の高校卒業後に、在留資格を「定住者」か「特定活動」に変えて、週28時間以上働くことができるようになりました(注:来日したときの年齢など要件があります)。以前は高校を卒業しても週28時間までしか働くことができなかったので、自立の妨げになっていたと思います。この日本政府の方針変更は嬉しいですよね。

一方、どの在留資格を持っているかによって、できる仕事の内容が決まります。大学・短大・専門学校などに進学し、卒業後に就職する際に、いざなろうと思った職業にあてはまる在留資格がない、ということになったら大変です。

在留資格と進路については、早い時期から考えることをお勧めします。ぜひ、フローチャートを見ながら、お子さんたちと将来を考える機会をもってほしいです。将来、家族みんなが日本に永住を希望するのであれば、家族全員で永住申請ができるかも併せて考えていくことも大切です。

「なんか難しそうだなぁ」と思われたかもしれません。でも、大丈夫です。在留資格の専門家である行政書士が、無料で電話で相談にのります。ぜひ、ご相談ください。

私たちは、日本でがんばっている外国人のお子さんたちが、自分たちがやりたい、と思えることを見つけて、それに向かっていけるように、支援されている皆様と連携して、法的サポートができれば考えています。コロナ禍で、学業や学習支援にも様々な制限や困難があると思います。そして、複雑な入管法の中で、外国につながるお子さんたちが情報を得る機会が失われることがないよう願いながら、資料を作成しましたので、活用していただければ嬉しいです。
※こちらの資料を印刷等してご活用ください。ただ、不明点は自己判断せず、ご相談ください。
※作成&お問い合わせ先:
神奈川県行政書士会国際部
子どもビザさぽチーム
https://www.kana-gyosei.or.jp/
〒231-0023 横浜市中区山下町2番地 産業貿易センタービル7階
神奈川県行政書士会事務局
TEL:045-641-0739 FAX:045-664-5027
その他のおすすめ情報