「ウクライナ語版 多言語医療問診票」を作りました!

ウクライナ避難民の日本受け入れに伴い、多言語医療問診票にウクライナ語版を追加しました。この問診票は、医療機関受診時に必要な問診を外国語に翻訳したもので、ウクライナ語が21か国語目となります。
5月17日現在で神奈川県には68名のウクライナ避難民の方が生活を始めていますが、日本での生活で最も困難なものの一つが医療機関受診であるため、このたびウクライナ語版問診票を作成したものです。
なお、問診票の作成にあたっては、元在ウクライナ日本大使館医務官を務めていらした吉岡秀樹医師の協力を頂きました。(吉岡医師は現在、日本で医療機関に勤務) この問診票は当財団のホームページにて公開しておりますので、神奈川県内のみならず、全国に避難しているウクライナ人の皆さんが医療機関を受診する際に医療関係者とのコミュニケーションにご活用いただければ幸いです。

多言語医療問診票 ウクライナ語(日本語併記) 問診票(11診療科目)
https://kifjp.org/medical/ukraine

作成:NPO法人国際交流ハーティ港南台・(公財)かながわ国際交流財団
協力:元在ウクライナ日本大使館医務官 吉岡秀樹