多文化共生セミナー開催事業 ~外国人が困っていることって何だろう?~

概要

コロナウイルス感染症の拡大による社会情勢の変化により外国人住民も身近な日常生活でさまざまな影響を受けている一方で、昨今、ウクライナ情勢による難民に対する関心が急速に高まっています。ただしこの関心の高まりが、すでに在住している外国人住民に対する関心と必ずしも結びついているわけではありません。
そこで、「外国人が困っていることって何だろう?」という統一テーマのもと、個別の分野(労働、人権、難民、コロナ、集住地域)について取り上げて、外国人住民が抱えている課題を改めて知ってもらい、多文化共生に対する意識の醸成を図るセミナーを開催します。

5月・6月に開催する【労働】をテーマとするセミナーでは、入門編としまして、外国人労働者をめぐる社会的な状況について、また実践編では、外国人労働者を受け入れる際の生活や仕事面で実際にどのようなサポートが必要となるのかについてそれぞれ講師の方々からお話をお聞きします。

8月に開催する【人権】をテーマとするセミナーでは、入門編としまして、外国人の人権問題の基礎知識(さまざまな差別等)について、また実践編では、ヘイトスピーチの実態、被害、自治体等の取組みについてそれぞれ講師の方々からお話をお聞きします。

多文化共生セミナー(労働)入門編 ※終了しました。実践編はページ下段ご参照。
日本社会と外国人労働者~「移民」に向き合える日本になるためには?

日時

2022年5月25日(水)18:30~20:00

会場

神奈川韓国会館7階ホール(横浜市神奈川区鶴屋町2-10-1/横浜駅きた西口から徒歩5分)

定員(ハイブリッド形式)

180名(会場40名・オンライン140名)

参加費

無料

講師

望月優大さん(「ふたつの日本」著者/ライター)
1985年生まれ。ライター。著書に『ふたつの日本「移民国家」の建前と現実』(講談社現代新書)。認定NPO法人難民支援協会が運営するウェブマガジン「ニッポン複雑紀行」の編集長を務める。ほかにニューズウィーク日本版でのコラム連載、朝日新聞論壇委員など。子どもの貧困など様々な社会問題に取り組む非営利団体の支援にも携わっている。

多文化共生セミナー(労働)実践編
コンビニエンスストアを多文化共生の拠点に

日時

2022年6月29日(水)18:30~20:00(18:00開場)

会場

AP横浜6階Iルーム(横浜市西区北幸2丁目6-1/JR横浜駅西口より徒歩6分)

定員(ハイブリッド形式)

180名(会場40名・オンライン140名)

参加費

無料

講師

安井 誠さん ㈱セブン-イレブン・ジャパン オペレーション本部 加盟店サポート部グローバル人材支援 総括マネージャー/(一社)セブングローバルリンケージ 専務理事)
東京大学経済学部を卒業後、日本興業銀行入行。北京大学、台湾師範大学にて中国語語学研修の後、外為ディーリング、デリバティブズ営業や上海支店開設に携わり5年間赴任。その後Eビジネスや外為営業次長等を歴任、戦後邦銀初の中国内陸部支店としてみずほ銀行武漢支店を開設し初代支店長に就任、3年間赴任。 セブン-イレブン・ジャパンに出向・転籍。セブン-イレブン(中国)副総経理企画室長として北京に4年間赴任、経営企画部中国担当GM、グローバル人材開発部GM、グローバル人材支援GM等を歴任。一般社団法人セブングローバルリンケージを設立し専務理事に就任。併せて一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会で外国人材受入れに関する検討会座長を務める。

申込方法

下のボタンの参加申込フォーム、またはFAX・メールにて、お申し込みください。

FAX:045-620-0025/メール:tabunkares★kifjp.org(★マークを@に変えて送信してください)
FAX・メールでの申込みの際には、以下の内容をご記入ください。
・FAX・メールのタイトルは「多文化共生セミナー申込み」
・氏名(ふりがな)、電話番号、メールアドレス、参加方法(会場またはオンラインのどちらか)、お住まいの自治体(市区町村のみ)、ご所属(任意) を明記の上、【入門編】は5月20日(金曜日)、【実践編】は6月24日(金曜日)までにお申込みください。

PDFのダウンロード

多文化共生セミナー(人権)入門編
外国人の人権問題

日時

2022年8月11日(木・祝)14:00~15:30

会場

海老名市役所401会議室(海老名市勝瀬175-1/海老名駅東口から徒歩15分)

定員(ハイブリッド形式)

180名(会場40名・オンライン140名)

参加費

無料

講師

師岡康子(弁護士)
東京弁護士会外国人の権利に関する委員会委員、外国人人権法連絡会事務局長、人種差別撤廃NGOネットワーク共同世話人、大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター客員研究員、国際人権法学会理事。主著に「ヘイト・スピーチとは何か」(岩波新書、2013年)。

多文化共生セミナー(人権)実践編
身近に起きているヘイトスピーチ

日時

2022年8月28日(日)14:00~15:30

会場

海老名市役所401会議室(海老名市勝瀬175-1/海老名駅東口から徒歩15分)

定員(ハイブリッド形式)

180名(会場40名・オンライン140名)

参加費

無料

講師

山田貴夫(ヘイトスピーチを許さないかわさき市民ネットワーク事務局)
1949年生 大学生時代に在日コリアンとの出会いを契機に在日外国人の人権問題に取組む。72年川崎市役所入所、外国人登録、国保・年金、人権、福祉事務所、社会教育などを担当。退職後、法政大学、フェリス女学院大で非常勤講師を務める。現在は外国につながる子どもたちの学習支援のほか、「ヘイトスピーチを許さないかわさき市民ネットワーク」の事務局を務める。

申込方法

下のボタンの参加申込フォーム、またはFAX・メールにて、お申し込みください。
※お申込み受付は7月2日(土曜日)からです。

FAX:045-620-0025/メール:tabunkares★kifjp.org(★マークを@に変えて送信してください)
FAX・メールでの申込みの際には、以下の内容をご記入ください。
・FAX・メールのタイトルは「多文化共生セミナー申込み」
・氏名(ふりがな)、電話番号、メールアドレス、参加方法(会場またはオンラインのどちらか)、お住まいの自治体(市区町村のみ)、ご所属(任意) を明記の上、【入門編】は8月8日(月曜日)、【実践編】は8月24日(水曜日)までにお申込みください。


<参加前のご注意事項>
次の方はご参加をご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
・発熱や咳・咽頭痛等の症状のある方
・同居家族や身近な知人など新型コロナウイルス感染症の陽性と判明した者との濃厚接触がある方

<当日のご留意事項>
・常時マスク着用をお願いいたします。
・入室時に検温をいたします。ご協力をお願いいたします。
・入室に際し、手洗いや手指の消毒をお願いいたします。
・施設への入場前や施設利用中において、周囲の人とのソーシャルディスタンスを保つようお願いいたします。
・会場内における大声等での会話はお控えくださいますようお願いいたします。
・講座中、演習を行う場合がありますが、感染防止の観点からご留意事項等を申し上げます。当日は講師および事務局の指示に従うようご協力をお願い申し上げます。
・各自のゴミは、施設に設置のゴミ箱に入れるか、ゴミ箱の設置がない場合はお持ち帰りください。

<講座実施後につきまして>
・濃厚接触者発生の恐れがある場合などは、申込書等により受講者の氏名、連絡先を把握し、把握した情報は必要に応じて保健所等の公的機関に提供する場合がございます。あらかじめご承知おきください。