多文化対応力向上講座
母子保健・子育て支援者向け研修

外国人住民の増加に伴い対応方法を模索している…そのような状況はありませんか?
(公財)かながわ国際交流財団では、この度、外国人住民の妊娠から子育てに携わる支援者の皆様に向けて、多文化対応力向上講座を開催します。 母子保健の向上に役立つことを中心に、神奈川県内の外国人住民の背景、外国人支援に有用な資料の活用方法などお伝えします。
研修はオンライン形式と対面形式で同じ内容を行います。ぜひご参加ください。

【日時】
A.オンライン研修
2021年4月23日(金)14:00~15:30 (Zoom)


B.対面研修
2021年4月28日(水)14:00~15:30
会場:かながわ県民センター 15階(横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2)


【対象】
県内の自治体母子保健/子育て支援担当課職員、県内の医療機関関係者(産婦人科・小児科等)
※県外から参加ご希望の方はお問い合わせください。

【参加費】
無料

【定員】
A(オンライン):50名
B(対面):15名
※原則先着制ですが、対面は自治体職員を優先します。

【内容】
・神奈川県に暮らす子育て世代の外国人住民について
・母子保健・子育て支援における外国人住民への対応のポイント
・多言語資料(子育てチャート、多言語医療問診票等)の使い方
・母子保健分野のやさしい日本語の意義と実践
・社会資源としての多言語サービスの活用
(講師:かながわ国際交流財団 職員)

【申込方法】
Eメールにて以下の項目を記載しお申込みください。(締切:4月16日(金)) 
申込Eメール:tabunkajoin@kifjp.org

1)氏名(ふりがな)
2)所属名・市町村名・職種(例:行政保健師、病院助産師等)
3)電話番号
4)メールアドレス
5)希望日時
第一希望日:
第二希望日:
※感染症予防対策のため、対面は参加人数を調整させていただく場合があります。

【チラシ】PDF

お問合せ
TEL:045-620-4466
Email: tabunka@kifjp.org
外国人住民子育て支援事業担当