一般対象

多文化共生の社会を実現するためには、このような社会情勢の変化を見据えつつ、外国人住民が現在、抱えている課題も踏まえて、地域社会の住民一人ひとりが多様な文化的・社会的背景の違いを理解し、その担い手となれるような場が重要となります。さらには「やさしい日本語」など、多文化共生社会の担い手となるために必要なツールも含めて、県民のみなさんに広く知ってもらう機会を設けることで、誰もが共に生きる地域社会の形成を目指します。