かながわ民際協力基金助成事業 助成の枠 1

Home > かながわ民際協力基金助成事業 助成の枠 1
かながわ民際協力基金助成事業 助成の枠 1

人と人との顔の見える関係と信頼に根ざした活動であること、より民主的で豊かな“共に生きるかながわ”の地域づくりに資すること、実施団体の運営の信頼性など、様々な観点から審査されます。

1. 助成の対象となる事業
(1) 海外協力事業
海外の開発途上地域において、福祉・生活環境の向上、環境保全、教育、人権保護等の課題に、 地域住民と共に取り組む草の根レベルの協力活動
(2) 国内協力事業
神奈川県内において、外国人住民等の人権を守り、 異なる文化を互いに認め合いながら「共に生きる」地域社会を実現するための協力活動
※助成の枠2「多文化共生の地域社会づくり」でも同様の活動への助成を行っています。
(3) 担い手育成事業
神奈川県内の「民際協力の担い手」を育成する活動
(4) 団体活動充実事業
NGOの組織の自立や、スタッフ研修や事業のための事前調査など、活動のレベルアップを図るための活動
(5) 緊急支援事業
国内外の大規模な災害等の発生に伴い実施する緊急支援活動
対象は原則として国際赤十字・赤新月社連盟またはJPFが支援を決定した災害で、かながわ民際協力基金で助成を受けた実績があり、事業を実施する国・地域での活動実績がある団体

2. 実施期間
その年の10月1日から翌年9月末日の間に開始し、且つ、終了する事業
※(5)の緊急支援事業についてはこの限りではありません。

3. 助成上限額(助成対象経費の2分の1以内)
200万円以内(海外協力、国内協力、担い手育成事業)
50万円以内(団体活動充実事業)
*緊急支援事業は200万円以内(全額助成)

PAGETOP