Home > 国際性豊かな人材の育成 > インカレ国際セミナー

インカレ国際セミナー

概要

「アジアの中の日本」をテーマに、基調講演や分科会でのディスカッションを通して学びあい、アジアと日本の関係に理解を持つ国際的な人材を育成する2泊3日のセミナーです。大学生等を対象に、講義やグループ討議で構成され、将来、国際社会で活躍できる人材を育成します。


最新情報

第14回インカレ国際セミナー

アジアの中の日本
-新しい協力関係に向けて

第14回インカレ国際セミナーを下記の通り開催します。

アジアと日本について多角的に議論する2泊3日のセミナーです。基調講演、特別セッション、分科会で構成されています。 県内大学を中心とした国内外の大学から留学生等参加者が集い、5つのテーマに分かれて、各人の事前学習をもとに討論(分科会)を実施する討論中心型のセミナーです。基調講演には、現代中国政治、東アジア国際政治がご専門の高原明生先生(東京大学教授)をお招きします。

詳細はチラシ(PDF)をご覧ください。



●日時
2016年11月25日(金)午後7時 ~11月27日(日)午後4時頃(2泊3日)

※受付(Registration)は、11月25日の午後5時から開会式会場前にて行います。大学等の理由により遅れる場合には、遅くとも開会式の15分前までに受付を完了してください。なお、参加者は全プログラムに参加するものとします。

●場所
湘南国際村センター
〒240-0198
神奈川県三浦郡葉山町上山口1560-39
交通アクセス
(日本語)http://www.shonan-village.co.jp/access.html/
(English)http://www.shonan-village.co.jp/svc/access.html

●定員
90名

●参加資格
東アジアの政治や文化、開発などに興味をもつ大学生、大学院生および若手社会人。専門分野は問いません。参加者は事前学習をしてから参加することが求められます。使用言語は日本語または英語です。通訳はつきません。

●費用
23,000円
※書類選考があります。また留学生に限り減免制度があります。留学生は選考により参加費が8,000円となります。

●宿泊
同性での複数人部屋(2~6人)

●基調講演
「アジアの中の日本―台頭する中国との付き合い方」
高原 明生氏(東京大学大学院法学政治学研究科教授、東京大学公共政策大学院副院長)
基調講演者のプロフィールはこちら(PDF)

●修了証
本セミナーを修了した参加者に対して組織委員会から修了証が交付されます。

●主催
公益財団法人かながわ国際交流財団

●共催
神奈川県

●協力
インカレ国際セミナー組織委員会

組織委員のプロフィールはこちら(PDF)

●プログラム
チラシ(PDF)をご覧ください。

●応募方法
所定の申込書(PDF)に必要事項を入力のうえ、Emailに申込書(PDF)を添付してお申込みください。申込書のデータは下記から入手できます。ダウンロードしてご利用ください。
申込書の送信後、受領確認メール(自動返信メール)がお手元に届いたか必ず確認してください。受領確認メールが届かない場合は、事務局までお電話でご連絡ください。
Application form (PDF)

●申込締切
2016年10月14日(金)午後5時必着

●合否通知
応募書類は組織委員によって審査され、10月26日までに全員に合否メールを送信します。合格者には、「参加証」と、参加費の「振込先口座」も併せてメールでご連絡しますので、11月4日までに参加費をお振り込みください。

●キャンセルについて
都合により参加を取り消される場合は、すみやかにセミナー事務局までご連絡ください。所定のキャンセル料を差し引いた額を返金いたします。

●保険について
本セミナー期間中の施設(建物)の損壊に係る傷害には保険が適用されます。それ以外については保険の対象外となります。

●お問合せ/お申込み
(公財)かながわ国際交流財団 湘南国際村学術研究センター
インカレ国際セミナー事務局(担当 佐々木、西山)
〒240 -0198 神奈川県三浦郡葉山町上山口1560-39湘南国際村センター内
TEL:046-855 -1821 (9:00 〜17:00  土日祝日をのぞく)
E-mail:incolle★kifjp.org
※メールを送るときは★を@マークに変えてください。
URL:http://www.kifjp.org/nimp/incolle

●分科会
事前課題があります。チラシ(PDF)をご参照ください。

●ご連絡事項
(2016/10/28現在)


①申込結果について
申込結果(合否通知)は、10月26日夕方に事務局から全員にメールで送信済みです。メールを受信していない方は、大至急お電話でご連絡ください。
現在は、参加決定者から次の連絡をお待ちしています。(該当者のみ)
●初日の遅刻連絡
●初日の夕食の連絡
●食事制限・アレルギー等の連絡
これらの連絡期限は、すべて【11月11日(金)まで】です。期限内に忘れず事務局までご連絡ください。

②参加費の振り込みについて
参加費の振込方法を、①と同じメールにてご案内済みです。
振込の期限は、【11月4日(金)3時】です。必ず期限内に振込をお願いします。

●ご連絡事項
(2016/10/24現在)


①追加の参考文献があります。
基調講演者 高原明生先生より講演に先立ち参考文献情報をいただきましたので、各自、事前学習にお役立てください。
○天児慧・李鍾元編『東アジア 和解への道―歴史問題から地域安全保障へ―』(岩波書店、2016)
○高原明生・丸川知雄・伊藤亜聖編『東大塾 社会人のための現代中国講義』(東京大学出版会、2014)
○高原明生・前田宏子『開発主義の時代へ 1972-2014〈シリーズ 中国近現代史 5〉』 (岩波新書、2014)

②事務局からの合否連絡について
10月26日までに、参加申込者全員に、合否メールを通知しますので、メールをご確認ください。
26日を過ぎてもメールが届かない場合は、お手数ですが、事務局までお電話でお早めにお問い合わせください。

・さらにご連絡がある場合は、このページに追記します。各自ご確認ください。

過去の情報

※所属・役職・機関名は開催当時のものです。

第13回インカレ国際セミナー

タイトル アジアの中の日本
―戦後70年の節目に立って
概要 アジアと日本について多角的に議論する2泊3日のセミナーです。基調講演、特別セッション、分科会で構成されています。 県内大学を中心とした国内外の大学から留学生等参加者が集い、事前学習をもとに6つのテーマに分かれて討論(分科会)を実施する討論中心型のセミナーです。
日時 2015年11月27日(金)午後7時~29日(日)午後4時頃(2泊3日)
会場 湘南国際村センター(神奈川県葉山町)
基調講演 池内 了(総合研究大学院大学名誉教授)
※講演者の同意を得て掲載しています。
※講演録の著作権は講演者とかながわ国際交流財団に属し無断に改変、転載、再利用を禁止します。
詳細 プログラム・講師などはこちら

第12回インカレ国際セミナー

タイトル アジアの中の日本
―安全・環境・エネルギー
概要 アジアについて多角的に議論する2泊3日のセミナーです。基調講演、特別セッション、分科会で構成されています。 県内大学を中心とした国内外の大学から留学生等参加者が集い、事前学習をもとに5つのテーマに分かれて討論(分科会)を実施する討論中心型のセミナーです。
日時 2014年11月28日(金)~30日(日)2泊3日
会場 湘南国際村センター(神奈川県葉山町)
基調講演 國分良成(防衛大学校長)
詳細 プログラム・講師などはこちら

第11回インカレ国際セミナー

タイトル アジアの中の日本
―信頼形成への道
概要 アジアと日本の関係に理解を持ち、国際社会で活躍できる人材を育成する大学生世代向けの宿泊型セミナーです。専門分野は問いません。大学の枠を超え、多角的な視点から東アジアについて共に考えてみましょう。
日時 2013年11月29日(金)~12月1日(日)2泊3日
会場 湘南国際村センター(神奈川県葉山町)
基調講演 青木保(国立新美術館館長)
詳細 プログラム・講師などはこちら

第10回インカレ国際セミナー

タイトル 東アジア共通の家
―アジアに今何ができるか
概要 「東アジア文化交流史」「アジアの経済連携」「アジアにおける民主主義のゆくえ」「東アジアの安全保障環境」「環境問題」のセクションに分かれ、「いま」のアジアと日本を考える。
日時 2012年12月7日(金)~12月9日(日)2泊3日
会場 湘南国際村センター(神奈川県葉山町)
基調講演 樺山紘一(印刷博物館館長/東京大学名誉教授)
詳細 プログラム・講師などはこちら

第9回インカレ国際セミナー

タイトル 東アジア共通の家
―市民社会と連帯
概要 未曾有の被害をもたらした3.11―。果たして日本は「沈没」してしまうのだろうか?エネルギーの配分はこのままで済むのか?日本と東アジア諸国との国際協力関係は?
日時 2011年12月9日(金)~12月11日(日)2泊3日
会場 湘南国際村センター(神奈川県葉山町)
基調講演 王敏(法政大学国際日本学研究所教授)・片山信彦(特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン常務理事・事務局長)
詳細 プログラム・講師などはこちら

第8回インカレ国際セミナー

タイトル 東アジア共通の家
―日本とアジア
概要 果たして日本はアジアの一員なのだろうか、それともアジアとは一線を画した存在なのか?未来の良好な関係に向けて、現代アジアの国際関係、隣国としての日本とアジアの関係性を掘り下げる。
日時 2010年12月10日(金)~12月12日(日)2泊3日
会場 湘南国際村センター(神奈川県葉山町)
基調講演 榊原英資(青山学院大学教授)
詳細 プログラム・講師などはこちら

第7回インカレ国際セミナー

タイトル 東アジア共通の家
―具体的ロードマップへの政策提言
概要 「東アジア共通の家」の構築に向けての具体的な政策を、意欲を持って参加する将来のリーダーとなる諸君と考える。
日時 2009年12月4日(金)~12月6日(日)2泊3日
会場 湘南国際村センター(神奈川県葉山町)
基調講演 ステファン・フーバー(欧州連合駐日欧州委員会代表部副代表/公使参事官)
白石隆(アジア経済研究所所長)(※特別講演)
詳細 プログラム・講師などはこちら

第6回インカレ国際セミナー

タイトル アジア共通の家
―よりよき環境と安全を求めて
概要 グローバル化が進展する今日、環境や安全に関するリスクに対して、東アジア諸国はどのような仕組みや協力を築けばよいのか。国際機関、政府機関、NGO等はどのような役割を担うことが望ましいか、ともに議論する。
日時 2008年11月28日(金)~11月30日(日)2泊3日
会場 湘南国際村センター(神奈川県葉山町)
基調講演 浜中裕徳(財団法人地球環境戦略研究機関理事長)
詳細 プログラム・講師などはこちら

第5回インカレ国際セミナー

タイトル 東アジア共通の家
―国境を超える市民の連帯
概要 東アジア共同体は創る必要があるのか?いかにして、誰が創るのか?その目的は?東アジア共同体(あるいは「東アジア共通の家」)をめぐる問いをともに考える。
日時 2007年12月21日(金)~12月23日(日)2泊3日
会場 湘南国際村センター(神奈川県葉山町)
基調講演 田中均(財団法人日本国際交流センターシニア・フェロー)
詳細 プログラム・講師などはこちら

第4回インカレ国際セミナー

タイトル 東アジア共通の家
2006
概要 県内を中心とする首都圏の大学の協力を得て、アジアの政治・経済・文化を主題に宿泊集中型で行う国際学セミナーの第4回目。
日時 2006年12月8日(金)~12月10日(日)2泊3日
会場 湘南国際村センター(神奈川県葉山町)
基調講演 文正仁(大韓民国国際安全保障特命大使)・加藤千洋(朝日新聞社編集委員)
詳細 プログラム・講師などはこちら

第3回インカレ国際セミナー

タイトル 東アジア共通の家
2005
概要 県内を中心とする首都圏の大学の協力を得て、アジアの政治・経済・文化を主題に宿泊集中型で行う国際学セミナーの第3回目。
日時 2005年11月25日(金)~11月27日(日)2泊3日
会場 湘南国際村センター(神奈川県葉山町)
基調講演 薬師寺克行(朝日新聞社『論座』編集長)・山本吉宣(青山学院大学国際政治経済学部教授)
詳細 プログラム・講師などはこちら

第2回インカレ国際セミナー

タイトル 東アジア共通の家
2004
概要 県内大学を中心とする9大学の協力を得て、アジアの政治・経済・文化を主題に宿泊集中型で行う国際セミナーの第2回目。
日時 2004年11月19日(金)~11月21日(日)2泊3日
会場 湘南国際村センター(神奈川県葉山町)
基調講演 天児慧(早稲田大学大学院教授)・姜英之(北陸大学未来創造学部教授)
詳細 プログラム・講師などはこちら

第1回インカレ国際セミナー

タイトル 東アジア共通の家
2003
概要 県内大学を中心とする9大学の協力を得て、アジアの政治・経済・文化を主題に宿泊集中型で行う国際セミナーの第1回目。
日時 2004年3月29日(月)~3月31日(水)2泊3日
会場 湘南国際村センター(神奈川県葉山町)
基調講演 六鹿茂夫(静岡県立大学国際関係学部教授)ほか
詳細 プログラム・講師などはこちら
PAGETOP
Copyright © Kanagawa International Foundation. All rights reserved.