多言語医療問診票利用時の注意

このホームページは、日本語を話せない外国人が、病気やけがをしたときに、その症状を母語で医師などに伝えられるように制作されたものです。多言語医療問診票(以下「問診票」)は、診療科別に翻訳され、各言語に日本語が併記されていますので、海外に住む日本人や海外旅行者にも利用されています。
問診票の利用は無料ですが、営利目的で使用することは禁止します。問診票の利用において生じた諸問題について制作者は一切の法的責任を負いません。

リンク、各種媒体での紹介、イントララネットでの利用などについて下のボタンをクリックすると「利用許可依頼」をダウンロードすることができます。
こちらに記入し、メールに添付してお送りください。
事務局で検討した後、許可あるいは不許可のお知らせをメールでお送りいたします。



送信先:
(1)NPO法人国際交流ハーティ港南台 heartym★hurryken.com
(2)公益財団法人かながわ国際交流財団 tabunka★kifjp.org
※メールを送るときは★を@マークに変えてください。
※2団体で協議しながら対応しています。お返事が遅くなることがありますのでご了承ください。

●バナーが必要なときは次のバナーをご利用ください。


180px×120px

230px×64px

多言語医療問診票制作者多言語医療問診票ホームページの制作:NPO法人国際交流ハーティ港南台/公益財団法人かながわ国際交流財団
多言語医療問診票原版の制作:NPO法人国際交流ハーティ港南台

当ホームページは、財団法人自治体国際化協会「平成25年度多文化共生のまちづくり促進事業」の助成を受け、NPO法人国際交流ハーティ港南台公益財団法人かながわ国際交流財団が協働作業を通してリニューアルをしたものです。