トップ > 多文化共生最新情報 > 2020年度 外国につながる若者のための横浜YMCA保育士養成奨学金(横浜市、厚木市)
2020年度 外国につながる若者のための横浜YMCA保育士養成奨学金(横浜市、厚木市)
(主催者からのメッセージ)

高校卒業後(在学中または卒業している場合いずれも含む)に専門学校へ入学して、保育士を目指して学びたいと思っている外国につながる若者に対して、横浜YMCA保育園が学費をサポートする奨学金制度です。(就労後の返還義務なし)

横浜YMCA専門学校(保育士養成課程設置)に入学し、既定の単位を取得のうえ、保育士資格を取得・卒業後、神奈川県内に14か所展開している横浜YMCA保育園(認可園)に就職し、保育士として働くことを目指していただきます。

※応募する前に、学校説明会・見学会などに参加することをおすすめします。早めに各学校にご連絡ください。

●対象校(次の学校のどちらかで学ぶことになります):
 YMCA健康福祉専門学校(厚木市)
 横浜YMCAスポーツ専門学校(横浜市戸塚区)
●募集人数:2名
●入学時期:2020年4月
●応募資格:
1.高校を卒業した者、または2020年3月卒業見込みの者、またはそれと同等の資格を有する者。
2.保育士をめざす者で、下記の条件を満たす者。
①外国籍の者で、次のいすれかの条件を満たすこと
 ア.「永住者」、「日本人の配偶者等」、「永住者の配偶者等」、「定住者」の在留資格を有し、1年以上継続して神奈川県に住所を有する者。
 イ.「特別永住者」の在留資格を有し、1年以上継続して神奈川県に住所を有する者。
※今後「永住者」「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」「定住者」の在住資格を取得する見込みがある者も対象となる。
②日本国籍の者で本人・両親のどちらかが、元外国籍または外国出身であること
(申込書に国・地域名、その国・地域とのつながりについて明記すること)
3.学費の負担が困難であること。
4.2019年4月1日現在、30歳未満であること。
5.学業終了後、横浜YMCAの保育園において、保育士として3年以上勤務する意思があること。
6.その他
日本語以外に、コミュニケーションがとれる言語があることが望ましい。

●出願期間:
 第1回 2019年10月21日(月)~11月6日(水)
 第2回 2019年11月25日(月)~12月11日(水)
 第3回 2020年2月17日(月)~3月4日(水)
 ※第2回以降の入試は、定員に満たない場合にのみ実施します。

●問い合わせ:
YMCA健康福祉専門学校
TEL: 046-223-1441
〒243-0018 厚木市中町4-16-19
横浜YMCAスポーツ専門学校
TEL: 045-864-4990
〒244-0816 横浜市戸塚区上倉田町769-24
その他のおすすめ情報