トップ > 多文化共生最新情報 > 【DV相談+(プラス)】DVについて多言語で相談できます(5月1日から)(内閣府男女共同参画局)
【DV相談+(プラス)】DVについて多言語で相談できます(5月1日から)(内閣府男女共同参画局)
(内閣府男女共同参画局 Gender Equality Bureau Cabinet Office からのお知らせ)

“DV相談ナビダイヤル” のほかに、”DV+(プラス)”ができました。

あなたが配偶者やパートナーから受けているさまざまな暴力(DV)について、専門の相談員が一緒に考えます。
「これはDVかな?」、「暴力を振るわれている」、「今すぐパートナーから逃げたいけど、どうしたらいいの?」、「自分だけでなく子どもたちのことも心配」など、どんなご相談もお気軽にご連絡ください。

“DV相談ナビダイヤル”(TEL:0570-0-55210)でも相談を受け付けています。最寄りの配偶者暴力相談支援センターにつながります。
お急ぎの相談については、”DV相談ナビ”にご連絡ください。

●DV相談ナビダイヤル
最寄りのDV相談支援センターにつながります。
TEL:0570-0-55210
内容:電話相談、面談、同行支援、保護等


●DV相談+(プラス)←NEW!
2020年5月1日からは多言語でも相談できます。
多言語による対応日時(チャット相談のみ):2020年5月1日12:00から開始。12:00~22:00
言語:英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語、タガログ語、タイ語、ベトナム語、ネパール語、インドネシア語

※電話による相談は日本語のみで、4月28日までは9:00~21:00で、4月29日からは24時間可能です。TEL:0120-279-889
※チャットで相談後、メールでも相談ができるようになります。
DV相談+(プラス)HP:(HPからチャット相談が申し込めます)
https://soudanplus.jp/
内容:同行支援、保護、緊急の宿泊提供

※この情報は更新する可能性があります(2020年4月28日現在)

内閣府男女共同参画局HP:http://www.gender.go.jp/policy/no_violence/sp_index.html



※参考
東京大学医学系研究科メンバーを中心に有志が多言語のチラシを作りました。

かなこみゅ記事:http://www.kifjp.org/kcns/newsinfo/8980/
その他のおすすめ情報