トップ > 多文化共生最新情報 > 2016年度女性の家サーラー公開セミナー「外国につながる女性の就労支援〜介護の現場から〜」が開催されます。
2016年度女性の家サーラー公開セミナー「外国につながる女性の就労支援〜介護の現場から〜」が開催されます。

女性の家サーラー主催の公開セミナーが開催されます。

(主催者からのメッセージ)
最近、介護の現場では、外国籍や外国に背景を持つ人々の働く姿が見られるようになりました。
圧倒的に労働力の不足している状況の中、まもなく介護ビザが新設され、技能研修にも、いよいよ介護分野が導入されようとしています。
しかし、実際にはどんな人が働いていて、どんな問題や悩みを抱えているのか、意外にも私たちは知らないのではないでしょうか。
横浜市福祉事業経営者会は、介護に特化した日本語補習と資格の取得、また介護職の紹介を行っている団体です。
女性の家サーラーに相談を寄せる、外国に背景を持つ女性の中にも、介護の仕事に係っている人は少なくありません。
今回のセミナーでは、介護職を目指す外国籍女性の背景、在留資格との係り、介護分野における今後の展望、介護の日本語習得や現場での悩みにどう対応しているかなど、お話いただきます。

●日時:2017年3月17日(金) 19:00〜20:30(18:30開場)
●場所:かながわ県民活動サポートセンター 302号室
〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2
●講師:福山 満子 氏(公益社団法人横浜市福祉事業経営者会 外国人支援コーディネーター)
●参加費:無料
●申し込み方法:「お名前」「ご所属」「人数」「ご連絡方法」をご記入の上、電話、FAX、E-mailにてお申し込みください。
●申し込み先・問い合わせ:(特非)女性の家サーラー
Tel:045-901-3527 Fax:045-902-4045 E-mail:admin★saalaa.org
※メールを送るときは★を@マークに変えてください。
●主催:特定非営利活動法人女性の家サーラ―

その他のおすすめ情報