トップ > 多文化共生最新情報 > 「マイナンバー制度」について27言語でHPに公開されています。(ネパール語追加)
「マイナンバー制度」について27言語でHPに公開されています。(ネパール語追加)

2015年10月から住民票を持っている全ての人にマイナンバー(社会保障・税番号)のお知らせが届きます。
住民票のある外国人(中期在留者、特別永住者等)にもマイナンバーのお知らせが届きます。
大切なお知らせなので、必ず保管してください。

2016年1月から、年金、雇用保険、医療保険、生活保護、児童手当、税金などの、法律で決められた手続きにマイナンバーが必要になります。
大切な番号なので、他人に見せてはいけません。

●内閣官房ホームページ(27言語)
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/otherlanguages.html

(掲載してある言語)
日本語、アラビア語、ベンガル語、ビルマ語、カンボジア語、中国語(簡体字)、英語、フィリピン語(タガログ語)、フランス語、ドイツ語、ヒンディー語、インドネシア語、韓国・朝鮮語、ラオス語、マレーシア語、モンゴル語、ペルシア語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語、タイ語、チベット語、トルコ語、ウルドゥー語、ウズベク語、ベトナム語、ネパール語

●問い合わせ
マイナンバーコールセンター
(日本語)
TEL:0570-20-0178
(英語、中国語、韓国・朝鮮語、スペイン語、ポルトガル語)
TEL:0570−20−0291

【2015年10月1日〜2016年3月31日まで】
平日9:30〜20:00 土日祝日 9:30〜17:30

※通話料がかかります。

その他のおすすめ情報