トップ > 多文化共生最新情報 > 『多文化ソーシャルワーク講座 ~外国につながる子どもと家族を支えるために~』受講者を募集しています。
『多文化ソーシャルワーク講座 ~外国につながる子どもと家族を支えるために~』受講者を募集しています。
外国人住民の増加・定住化に伴い、日本で出産・育児をする外国人住民が増えています。本講座では、日本での子育てや教育に戸惑うことの多い外国人保護者や子どもに対するよりよい支援のために、外国人住民の文化的背景や効果的なコミュニケーション、ソーシャルワークの基本的なスキルを実践的に学びます。また、NGO関係者や外国人ゲストとの面接練習やグループワークなどを通じ、外国人住民がより安心できる子育て環境づくりや多文化共生の地域づくりについて考えます。

チラシはこちらをクリック

<日程>
【第1回】2015年11月7日(土) 13:00~16:30
『多文化共生時代の子育て支援』 ※公開講座
【第2回】2015年12月19日(土) 9:30~16:00
『異なる文化・価値観をもつ人に対する支援』
【第3回】2016年1月23日(土) 9:30~16:00
『外国人がより安心して子育てしやすい環境づくり』

<定員>連続講座 30名
※ 第1回は「公開講座」で、総定員は80名です。第2回・第3回に参加しないでも申込みができます。
※「公開講座」は先着受付、「連続講座」は全回参加を原則とし、定員に達した場合は抽選を行います。

<締切り> 2015年10月20日(月) 17:00

<主な対象> 行政機関、NGO、地域等で、外国につながる子ども・家族の子育てや教育分野での支援や相談・援助に携わっている方

<会場>
【第1回】 神奈川県社会福祉会館4階研修室1・2(横浜駅西口より徒歩15分)
http://www.knsyk.jp/s/global_syozaichi/kaikan.html
【第2回・3回】 神奈川韓国会館7階ホール(横浜駅西口より徒歩5分)
http://www.mindan-kanagawa.com/about/access/

<参加費> 無料

<主催>公益財団法人かながわ国際交流財団
※神奈川県県民局くらし県民部国際課委託事業

<申込方法>
「お名前」「住所」「電話番号」「参加希望(公開講座/連続講座)」「ご所属」「支援経験」「講座で学びたいこと」をメール、電話、ファックスのいずれかの方法でお知らせください。
公益財団法人かながわ国際交流財団 多文化共生・協働推進グループ(担当:富本)
TEL:045-620-0011 FAX:045-620-0025
Email:tabunkajoin★kifjp.org ※メールを送るときは★を@に変えてください。

<カリキュラム>
【第1回】11月7日(土) 13:00~16:30 『多文化共生時代の子育て支援』
「多文化ソーシャルワークの必要性」 大川 昭博(NPO法人移住労働者と連絡する全国ネットワーク理事)
「多文化子育て家庭の現状」 南野奈津子(昭和女子大学専任講師)
「実践報告」
(1)中国人が日本で子育てするということ 李原翔(あーすぷらざ外国人教育相談中国語サポーター)
(2)多文化共生を目指す保育園づくり 松井リリアン(YMCAいずみ保育園保育士)
(3)教育と福祉をつなぐ子ども支援 横井葉子(神奈川県教育委員会県央教育事務所スクールソーシャルワーカー)

【第2回】12月19日(土)9:30~16:00 『異なる文化・価値観をもつ人に対する支援』
(1)「外国人住民の支援活動に携わるにあたって」 金朋央(特活)コリアNGOセンター東京事務局長)
(2)・私にとっての多文化ソーシャルワーク(演習) 岡田澄恵(昭和女子大学 非常勤講師)
・異なる文化・価値観理解のための面接練習 鶴田 光子(聖テレジア病院スーパーバイザー、社会福祉士)、外国人ゲストの皆さん
・やさしい日本語を活用した面接練習 門 美由紀(東洋大学 助教)

【第3回】1月23日(土)9:30~16:00 『外国人がより安心して子育てしやすい環境づくり』
(1)地域における子育て支援の実践から
・当事者だからできること 金子 美津子(NPO法人まんま理事長)
林静、青柳ローズマリー (瀬谷区地域子育て支援拠点「にこてらす」外国語スタッフ)
・つながりをひろげる家族支援 森恭子(文教大学 准教授)
(2)アクションプランづくり(演習) 岡田澄恵 (昭和女子大学 非常勤講師)
その他のおすすめ情報