トップ > 多文化共生最新情報 > 「2015年度多文化相談ボランティア養成講座」が開催されます。
「2015年度多文化相談ボランティア養成講座」が開催されます。

神奈川県には、現在16万人を越える外国人登録者が生活しています。戦前から、日本で生活してきた韓国・朝鮮人、華僑に加え、1980年代以降、インドシナや中南米をはじめ、多くの外国人が日本に定住しています。しかし、外国籍住民を取り巻く環境は必ずしも整っているとはいえません。特にすまいに関する問題は、解決しにくい様々な課題を抱えています。
様々なルーツや文化を持つ人びと、互いに認め合い、社会の中で共に生きるために必要なことは何かを、講義やフィールドワークを通して学びます。

【入門編】

日時:5月23日(土) 10:00〜12:00
「多文化入門講座」
講師:裵 安さん(NPO法人かながわ外国人すまいサポートセンター代表)
多文化って?外国人って?外国につながる人びとの状況と課題を考えます。

【初級編(全4回】

日時:6月6日(土) 10:00〜12:00
「災害時の外国につながる人びとの状況」
講師:佐藤 信行さん (福島移住女性支援ネットワーク代表 )
災害時、外国につながる方々の状況と必要な支援とは?

日時:6月27日(土) 10:00〜12:00
「すまセンの事業と外国とつながる人びとを取り巻く状況」
講師:稲葉 佳子さん(法政大学デザイン工学部講師/NPO法人かながわ外国人すまいサポートセンター理事)
外国につながる人びとが抱える問題に対応する、すまいサポートセンターの事業を紹介します。

日時:7月11日(土) 10:00〜12:00
「多文化相談ワークショップ」
講師:裵 安さん(NPO法人かながわ外国人すまいサポートセンター代表)
外国人に声をかけられたら、あなたはどう対応しますか?外国につながる方々が抱える課題を共に考えます。

日時:7月25日(土) 時間、集合場所などは別途連絡いたします。
「フィールドワーク」
コーディネーター:裵 安さん(NPO法人かながわ外国人すまいサポートセンター代表)
神奈川県や近郊で外国につながる人びとが活動する場所や、支援している団体などを訪れ、目で見て、感じるフィールドワークを実施します。

【共通】
●場所:横浜中央YMCA(関内駅徒歩5分)
横浜市中区常盤町1丁目7
●対象:どなたでも
●参加費:入門編:500円、初級編:1,000円(1回)/3,000円(全4回)
●共催:NPO法人かながわ外国人すまいサポートセンター、横浜YMCA
●申込み方法:メールもしくはFAXにて(1)お名前、(2)連絡先(電話番号、Eメール、FAX) 、(3)ご参加希望日、(4)受講のきっかけを明記の上お申し込みください。
●問合せ・申し込み:
TEL:045-662-3721 FAX:045-651-0169 
E-mail:kokusai@yokohamaymca.org

その他のおすすめ情報