トップ > 多文化共生最新情報 > 多文化子どもフォーラム 「外国につながる子どもの学習面でのつまずきへの支援 ~子どもの特性に合わせたサポートの可能性~」が開催されます。
多文化子どもフォーラム 「外国につながる子どもの学習面でのつまずきへの支援 ~子どもの特性に合わせたサポートの可能性~」が開催されます。
 日本の学校で学ぶ外国につながる子どもの数は年々増加していますが、学習面でつまずいてしまっている場合も少なくありません。つまずきの原因は様々ですが、子どもの特性に合わせた環境づくりや支援が有効であることが分かってきました。今回のフォーラムでは、お二人の講師の講演を通じて、子どもたちの学習面での困難を理解するとともに、具体的な指導内容、子どもへの関わり方、支援のあり方について考えていきます。

●日時:2013年12月14日(土) 13:30~16:30
●場所:神奈川韓国会館7階 ホール(横浜駅西口から徒歩5分)
   横浜市神奈川区鶴屋町2-10-1
   http://www.mindan-kanagawa.com/about/access/
●定員:50名(先着順)

●講師:
温泉美雪さん(神奈川LD協会)「読み書きに困難がある子どもの理解と対応」
近田由紀子さん(大阪大学大学院連合小児発達学研究科)「外国につながる子どもの「できる」を増やす指導・支援のヒント」

<プロフィール>

温泉美雪さん
神奈川LD協会 子ども発達支援室 室長。臨床心理士。早稲田大学大学院人間科学研究科修了。国立肥前療養所(現・国立病院機構肥前精神医療センター)、横浜市南部地域療育センターを経て、2011 年4月より現職。発達に偏りのある子どもから成人の方の生活支援、ペアレント・トレーニング、学校コンサルテーションなどに従事している。
<著書>
『お母さん次第で「困った子」が変わる本』(メイツ出版)、『新しい障害を考える本3 もっと知りたい!LD学習障害のおともだち』(ミネルヴァ書房)」他

近田由紀子さん
小学校教員として長年にわたり学校現場で教育に携わる。帰国子女教育研究指定校、日本人学校、文部科学省実務派遣研修等の経験を生かして、授業改善、体制づくり、関係機関との連携等の実践を積んだ。現在、大学院で外国人の子どもに関する調査研究をしている。
<著書>
『イチからはじめる 外国人の子どもの教育~指導に困ったときの実践ガイド』(共著、教育開発研究所)、『外国につながる子どもたちの教育を地域から育む試み』(共著、東京外国語大学)

●申込方法:名前、連絡先(電話またはメールアドレス)、所属を下記までお知らせ下さい。メールでの申込みは、件名を「多文化子どもフォーラム申込み」としてください。
●申込み・問合せ:
公益財団法人かながわ国際交流財団 多文化共生・協働推進課(担当:富本)
TEL:045-620-0011 FAX:045-620-0025
Email:tabunka@k-i-a.or.jp
ホームページ:http://k-i-a.or.jp
その他のおすすめ情報