トップ > 多文化共生最新情報 > 「外国人労働者と人身取引被害外国人のための無料電話相談」が行われます。
「外国人労働者と人身取引被害外国人のための無料電話相談」が行われます。


「外国人労働者と人身取引被害外国人のための無料電話相談」が行われます。東京外国語大学コミュニティ通訳登録者がトリオフォンで通訳をします。

 解雇(クビ)だと言われたが納得がいかない、働いたのに給料や残業代を支払って貰えない、仕事中に怪我をしたのに会社が補償してくれない等、日本で働くうえで色々な問題を抱えた外国人の方々や、売春を強要される、強制的に働かされている等の人身取引被害に遭われている外国人の方々に対して、弁護士が無料の電話相談を行います。
●日時:2013年10月12日(土) 13:00~17:00
●対応言語:日本語、英語、中国語、スペイン語、ポルトガル語、ベトナム語、ベンガル語、韓国語
●相談料:無料(電話の通話料はかかります)
●電話番号(どこにかけても大丈夫です、話し中のときは掛け直してください)
 東京 03-3581-6517 & 03-3581-6518
 神奈川 045-664-2780
 埼玉 048-863-0128
 千葉 043-225-2022
 茨城 029-224-6613
 栃木 028-624-6609
 群馬 027-234-0201
 静岡 054-252-0939
 山梨 055-235-7509
 長野 026-232-0095
 新潟 025-223-8252
●主催:関東弁護士会連合会、東京弁護士会、第一東京弁護士会、第二東京弁護士会、横浜弁護士会、埼玉弁護士会、千葉県弁護士会、茨城県弁護士会、栃木県弁護士会、群馬弁護士会、静岡県弁護士会、山梨県弁護士会、長野県弁護士会、新潟県弁護士会
●協力:東京外国語大学多言語・多文化教育研究センター
●後援:外国人ローヤリングネットワーク、人身売買禁止ネットワーク
●多言語チラシ:http://www.tufs.ac.jp/blog/ts/g/cemmer/2013/09/post_264.html
その他のおすすめ情報